紙芝居 ももちゃんは一年生
〜教育基本法「改正」を考える〜







  今,教育基本法が「改正」されようとしています。
  教育基本法には,たくさんの大切なことがらが定められています。教育のあり方を考える上で,とても大切な基本法です。
  ところが,この教育基本法が「改正」という名目で,全く別の法律に変わってしまう危機に瀕しています。
  いったい教育基本法の「改正」の中味はどんなものなのでしょうか。改正されると教育はどんなふうに変わってしまうのでしょうか。それは,私たちにとって良いことなのでしょうか。
  教育基本法「改正」によって,子どもの心にどんな影響があるのか,教育の現場に立つ先生たちにどんな影響があるのか,紙芝居を通じて考えてみました。
  このホームページでは,2006年(平成18年)11月22日に兵庫県弁護士会で開催された「教育基本法『改正』を考えるシンポジウム」で上演された紙芝居「ももちゃんは1年生」(作:野口善國、画:姉川真弓)を紹介しています。


尚、このページはリンクフリーです。


↑バナー(直リンク推奨)



関連HP
兵庫県弁護士会ホームページ
教育基本法「改正」情報センター
全国連絡会「あんころ」

紙芝居はこちら↓

画面サイズ:1280x1024
画面サイズ:1024 x 768





このHPに関するご意見・ご感想は コチラへお願いいたします。

HP作成関連リンク
津久井進の弁護士ノート Pearl Box(HP素材を使わせていただいております) NOION(HP素材を使わせていただいております) 緋天使工場直営天(当HP管理人のイラストサイト)
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー